皆様、いかがお過ごしでしょうか?? 遠出の機会も多い時期になりましたね。

高速道路を運転していて、降りるはずのインターを思わず通り過ぎてしまった

慣れないジャンクションで間違った分岐に進んでしまった事はありませんか?

そんな経験は誰にでもあるはず!?

高速道路はUターンができず、乗り越した分の料金も取られてしまい、また入り直すのもかなり手間がかかります。

私も泣く泣く次のインターまで走り、一般道を遠回りして目的地まで行った経験があります(涙...)。

果たしてそんなときの救済策はないのでしょうか?

 

このようなときのために「特別回転」という制度があるのをご存知ですか?

特別回転の方法を見ていきましょう。

①道を間違えたことに気づいたら、まず最寄りのインターチェンジで下ります。
下りるときはETC専用ではなく有人の料金所に入って下さい。
このとき、ETCカードを利用している人はETC車載機からカードを抜いてからレーンに入りましょう。

②料金所で職員の人に事情を伝えます。職員の方が「特別転回証明証」を発行してくれます。
通行券に「特別転回承認印」を押してくれる場合もありますし、
ETCの場合は何も発行されない場合もあります。

③料金所を出たらインターチェンジの入り口に向かいます。

④入り口では有人の料金所に入り、職員の方に「特別転回承認印」の押された通行券を提示します。
ETC利用者はETCカードを提示して理由を説明します。
職員の人が手続きをしてくれたらそのまま高速に乗ります。
ETC利用者は高速道路の入り口を通過してからETCカードを挿入します。

⑤そのまま高速を通過して目的のインターチェンジで降りて料金を払います。
このとき払う料金はUターンした分の高速道路料金が加算されていないので無料でUターンできます。

以上、高速道路ではトラブルの救済措置があります。

(スマートインターチェンジではこの制度は使えません。次の有人インターチェンジまで走りましょう!)

くれぐれもインターチェンジを下り忘れたからといって少しの距離でも逆走などはしないで下さいね!!

余裕を持って次のインターチェンジまで走り、この制度を利用して下さい。

それでは皆様、安全で楽しく夏を楽しんで下さい!!